カテゴリ:スミレ会( 1 )

懸賞 懸賞

スミレ会への入会とガード体験

懸賞 2017年 03月 26日 懸賞

私、スミレ会(仮名)というスミレの君(仮名)の会に入会しています。
ファンになってまだまだ日は浅いのですが、取り合えず、
会に入ることがすべての入り口のようでしたので。

スミレ会の申し込みは、入会金を払って申込書を送ったら
すぐに色々入った封筒が届けられて完了でした。
その中にメール登録があり、色々な情報が発信されてきます。

チケットの取次や入り出待ち(ガードと言う)の集合時間や
場所も配信されてきます。

しかし、専門用語やルールがいっぱいの宝塚の世界。
皆さんの会話は謎だらけです。
会のルールもざっくりとしか説明がなく、まわりの皆さんに
教えていただいてジワジワとルールを勉強していく感じです。

入会して早々、私はガードという名の出待ちにも参加しました。
外から見ているときは絶対無理派でした。
ガードの周りにはすごいギャラリーがいたりするのです。
カメラもすごい。しゃがむの面倒臭いし、恥ずかしい!

でも、とりあえず何でも行動派の私。
1回やればまったく平気になり、しかも使命感にかられます。
「私、行かなきゃ」と言う…なんだろう???やっぱ使命感?
スミレの君の位置を考えると、やっぱり会の人数は人気の数。
スミレの君を応援する絶対的な存在なんだよな…と思います。

最初は待ちの場所も暗号みたいでした。
どの集団がどなたの会かも新入りにはわかりません。
知らない人へじゃんじゃん声をかける勇気がないと探せないかも。
特に、他の会の方がたくさんいる時は…
分かりやすく組服(アイテム)を身に着けている皆さんでも、
自分の会の組アイテムがどんな色なのかも知らない新人には
それがどなたの会なのか聞かないとわかんない!

待ちで持って行かなければいけない物も…
メンバーズカードは必須だと思ってたけど。
お手紙の方が必須なんですね。
それと筆記用具。ボールペン必須です。

あと、ガードの時は暗黙の了解でしょうか…
皆さんスマホは出されていません。
使ってもササッと出してスッと片付ける。

待っている間の私語もヒソヒソです。
絶対にぎゃ~!まじすか~!!なんて無しの世界。
何となく…礼拝堂に来ているのかという錯覚が生まれます。

スミレの君が到着されても悲鳴は無し。
「いらっしゃったわ!」とヒソヒソヒソと伝達がきます。

もちろん、スミレの君が到着されてカメラを構えるのは禁止!
直接言われていませんが、徹底されている暗黙のルールのようです。
それがビシッと守られています。これは当然だろうけどね。

お手紙渡す時もササッ!と次の方へ!
ラウンドという決まったルールの流れがまるで
かの集団行動のように行われます。
このお手紙を渡す一連の動きは、待ちの人数によっても
生徒さんによっても変わるのだとか。
ラウンドしないバージョンもあるのだそうです。

とりあえず、お手紙を渡すというイメージよりも…
何だかテストとか、報告書とかをサッと提出している感じ。
ついつい「頑張って下さい♪』とか「応援してます!」とか
よりも出てくる言葉が…「お願いします!」になります。
スミレの君の先生感が半端ないからかも。

そして、ジャンヌさんと言えども人の子。
「今日はごきげん」「今日はちょっと入りが早い」
なんてこともあるのだとか。
私はご機嫌な日のスミレの君にも、死んで凍った魚の目のスミレの君にも
お会いすることが出来てどちらも色んな意味で素敵でした(笑)

思ったことは…ガードは平日がねらい目!!
人数が少ないのです。それもかなり!
スミレの君レベルでもこんなに間近でお会いすることができるんだ…
良い匂いもかげます(*'ω'*)
しゃがみがない時もあって、もう至近距離でのお話が…
DVDやBDや劇場のオペラの向こうの世界の人が目の前に!!!

会の入会金は1万円しない額なので、大好きなジェンヌさんが
いる方は、ぜひその方の会があれば入って欲しい~!!
たとえ少し遠くても、入り出待ちのガードに参加してほしい!
そう思います。計り知れない幸せが待っているので。


今朝、3人くらいの前でお話されている生徒さんもいて、
超至近距離での直接会話状態!!幸せそうだった(*'ω'*)
いいなぁと思ったんだけど、より大勢のファンに応援される
スターさんになって欲しいのはファンの願いだと思う。
いつかきっと行列のできるスターさんになって欲しいと
思いました。


まだまだ会での活動はガード止まり。
今後の活動も積極的に参加して楽しみつつ、
スミレの君を盛り立てて行こうと思います。









[PR]

by ino-_-c | 2017-03-26 12:27 | スミレ会